【ガレージエブリンのBMWカスタム車】

ガレージエブリンのカスタムM3

 ガレージエブリンによるBMWのM3です。前方から見る限り、フロントバンパーとスポイラー、そしてホイールがエナジーカスタムされています。ホイールはENERGY INDIVIDUAL TYPE5でしょうか。雑誌でよく見るM3のコンプリートカーではボディカラーとカーボンパーツのコントラストが特徴でもあるようですが、このM3のように同系色のワントーンで揃えられた個体もとても良いですね。

i8のカスタムで一気に檜舞台に

 私が初めて遭遇したエナジーカスタムといえば
こちらの323iでしたが、この当時はまだメジャーなカスタム屋さんではなかったと記憶しています。エナジーカスタムが世界レベルでブレークしたきっかけは間違いなく、
こちらのi8でしょう。同じ環八沿いでガレージエブリンのすぐ近くにあるBMWディーラーで私は長くお世話になっていましたが、そのディーラーの方からもガレージエブリンの話をうかがったことがあります。このi8以降、ガレージエブリンは世界中から問い合わせが殺到して大変そうだったとのことです。

 実際、私もcarscoops.comやbmwblog.comでガレージエブリンのi8が取り上げられたのを見て、「おお、ハーマンやシュニッツァーと同じような扱いで記事になってる!」と驚いたものですし、i8のカスタムはたしかに見事にハマっていました。

ドバイストリートとガレージエブリン

 私にとってこのi8より前のガレージエブリンと言えば、ドバイストリートでの記憶が強いです。オフィスケイが主催していたドバイストリートには、フルカスタムされたSLS AMGやSLRマクラーレン、ロールスロイスのファントムや911ターボSなどそうそうたる面々が集結しており、BMWのお披露目車両は少なめでした。そんな数少ないBMWの1つに、このガレージエブリンがいたのです。私が足を運んだときには、ガルウィング化された335iがいました。
 他の車両と同じく、ガルウィングを開いたままオーナーがどこかへ行ってしまって、みなさんさあご自由に撮影してねという太っ腹も太っ腹なイベントだったので、ガルウィングの接合部などまじまじと撮影させていただきました。

ガルウィングへ改造しても車検には大した影響がなかった

 ちなみに、私がディーラーへ入庫した際にたまたまどこかのチューナーでガルウィング化されたZ4がやってきたのですが、整備の方にうかがうと、ガルウィングへと改造されているくらいで入庫を断ることなどないそうです。車検にはさほど関係ないとおっしゃっていました。ガレージエブリンのこのガルウィング335iもきっと大手を振って入庫しているに違いありません。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top