【ダイハツ・ミラ・イースのテールランプ】

  1. ダイハツ


 ダイハツのミラ・イースです。曇天の下に浮かび上がるこのテールランプ(というかブレーキランプ)は、非常にシンプルですがお洒落な印象を受けます。モチーフは葉っぱなのでしょうか。よくよく見ると中の電球が丸見えですが、それでも軽やかな意匠が映えます。
 自動車に限った話ではないですが、「お洒落」というような主観が頭をもたげたとき、絶対軸や相対軸を探してしまいます。画像のミラ・イースであれば、お洒落と感じたのは「この価格帯の自動車としてお洒落」なのか、「価格帯を問わずお洒落」なのか。そもそも「自動車としてお洒落」なのか、あるいは「軽自動車としてお洒落」なのか、はたまた「ミラ・イースとしてお洒落」なのか、さらにひねって「ダイハツとしてお洒落」なのか、ついでに「年式に左右されないお洒落」なのか、等々。こういった軸合わせに答えはないものですが、それでもついつい思いを巡らせます。
 2011年のグッドデザイン賞にはミラ・イースも選ばれています。審査員評は、「徹底的なコスト意識を持ってデザインしているにも関わらず、安もの感がないバランスの取れた造形」とのこと。おそらく、このテールランプもそっと援護射撃をしたのでしょう。

レクサスも頭金ゼロで乗る時代。
もちろん新型アルファードだって頭金ゼロ。
あの人の車も、頭金ゼロかも【トヨタ公式】

新時代の車の楽しみ方へ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。