【マットブラックのポルシェカイエン・テックアートマグナム】

  1. ポルシェ


 テックアートのカイエン「マグナム」です。マットブラックのマグナムは初めて見ました。このマットブラックはラッピングなのでしょうか? テールランプにもスモーク処理がなされているので、全体的にまっくろくろすけです。ここまで真っ黒だと夜間走行時には他車から見えづらくなって事故遭遇率が上がってしまうのではないかと余計な心配をしてしまいますが、昼間だとその異様な存在感で異彩を放っています。
 それにしても相変わらず、ベース車両がターボなのかV6なのか他のグレードなのかがさっぱりわかりません。カイエンのカスタマイズチューナーといえばテックアートにハーマンにマンソリーがその代表格だと思っています。そして、そのどれもがECUチューンも扱っていますが、日本でも元気にECUをいじってるのはマンソリーくらいなのでしょうか。テックアート日本版では911にしかECUメニューがなく、カイエンはボディキットがイチオシのようです。それだけボディキットの需要が高いとも言えます。
 さて、二年ほど前にBSのテレビ番組で独立起業を目指す人たちのドキュメンタリー番組があったのですが、その起業内容はというと、カーラッピングのフランチャイズでした。日本全国から集まった人たちの中には町の自動車屋さんもいれば自動車に縁の無い脱サラ希望のサラリーマンもいて、本当に幅広い面々が顔を合わせて研修を受けていました。そしてさっそくラッピングの実習をしていたのですが、まさにはじめの一歩という具合で空気入りまくりのズレまくり! 誰だって最初は素人なのでこんなもんだとは思うのですが、あの中から果たしてどれだけの人がカーラッピングで独り立ちできているのか、追跡ドキュメンタリーをして欲しくてなりません。

レクサスも頭金ゼロで乗る時代。
もちろん新型アルファードだって頭金ゼロ。
あの人の車も、頭金ゼロかも【トヨタ公式】

新時代の車の楽しみ方へ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。