【速さの求道者マクラーレンMP4-12C】

  1. マクラーレン

 内外装の加飾を抑え、余計な演出は削ぎ落としたようなMP4-12Cです。ただただ効率性の上に成り立つように感じます。

 しかし、「3.8リッターだし、スーパーカーにしてはどこか物足りないなぁ」なんて言わせないような、600馬力マシンのアイドリングです。

 街乗りでの流し運転を見ているだけでも、あの車は間違いなく速い、そう実感させられる佇まいでした。

レクサスも頭金ゼロで乗る時代。
もちろん新型アルファードだって頭金ゼロ。
あの人の車も、頭金ゼロかも【トヨタ公式】

新時代の車の楽しみ方へ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。