【ポルシェ911ターボS】【オプションてんこ盛り】

  1. ポルシェ


 ポルシェの911ターボSです。パナメーラっぽさも感じる大きな後ろ姿です。本来は過給の一手段であるターボという言葉ですが、911ターボにパナメーラターボにカイエンターボなど、ポルシェではグレード名になっているだけあってどこか特別感が漂います。そんな特別なモデルも売れすぎて量産イメージが付きそうだったからかどうかは窺い知れませんが、いつのまにかターボの上にターボSというこれまた特別なグレードが出来上がっていました。
 先代の911ターボSはターボと変わらぬマフラーエンドでしたが、画像のターボSは911では見慣れない形状をしています。これもいわゆるヒエラルキーを示すための差別化なのかもしれませんが、ポルシェのオーダーなどしたことがない私としては、ターボS以外でもこのマフラーをオプション選択できる可能性が頭を過ぎっていまいちターボS限定などと断定できません。外野から自信を持って断定できることといえば、非常に豪華な標準装備となっているこのターボSでもリアワイパーはオプションだということです。つまり、画像のターボSはオプションてんこ盛りで贅が尽くされた一台に違いありません。
 ところで、まだまだNAが多く残る911ですが、新型カイエンSはNAからツインターボに変更されています。パナメーラSもいちはやくターボ化されました。もちろん、カイエンターボもパナメーラターボもやはりツインターボです。「ターボ」グレードだけがターボではない状況になっているのですが、この先どうやってターボとしての車格を維持していくのかが気になっています。パナメーラのようにグレードを細かくわけて下克上など起きないように維持していくのでしょうが、ターボという言葉がとりわけ響くカイエンの場合には、何か他の一手もあるのかなと思っています。気付けばベンツやBMW、アウディからNAエンジンが次々と消えて行く中、ポルシェだけがNAのGTSを拡充していますし、過給とNAの棲み分けにこだわる姿勢から何か学び取れたらと考えています。

車の買い替え前に、愛車の時価を把握しないと値引きが台無しに!

愛車の現在価格も知らずに商談に入ると、相場より低い下取り価格に気づけず、値引きが台無しになることも。数項目の入力&メールやり取りもOKな日本一の一括査定で、自分の愛車の最高額を知ろう!

→ 日本最大の一括査定サイトへ 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。