【リフトアップ車ジムニー】【ハイリフト】

  1. スズキ


 リフトアップしたスズキのジムニーです。こうして斜め後ろから見ているとそうでもないのですが、真後ろから正視すると実に横風に弱そうです。レインボーブリッジでハイエースやミニバンが横風にハンドルを取られる姿は何度か見たことがありますが、このようなハイリフトが風に煽られた場合はどうなってしまうのか、本当に心配になります。といっても、このリフトアップともハイリフトとも言われるカスタムの持つメリットは、そういうデメリットを上回っているのでしょう。
 このような車高の車を見て、「これから川を渡るわけでもあるまいし」と感じる方もいらっしゃかと思います。おそらくですが、そのように感じた時点でリフトアップした側の目的は果たされているはずです。川を走破する姿を思い描かせることに成功しているからです。0-100km/h加速が二秒台のGT-Rやアヴェンタドールの姿を見て、「一般道でその性能の車に乗る意味なさそう」と感じるのと同様です。とんでもなく速い車と認識させているからです。ガヤルドのスーパーレジェーラを見て「その巨大なリアウィングが効果を発揮する速度を出す機会はあるの」と感じるのも同様です。巨大なカーボン製リアウィングが伊達ではないと知らしめているからです。性能を発揮させることなく性能を感じさせることが出来ているなら、カスタムは成功していると言えるのでしょう。
 ところでリフトアップ車で何より気になるのはその乗り心地ですが、ふわふわ系なのでしょうか。あるいはゴツゴツ系、ゆらゆら系なのでしょうか。できれば私の経験したこともないような乗り心地であって欲しいと思います。車幅の割にアイポイントが高いので、細街路をスイスイ進めるその操作感覚も私の経験にないものなのでしょう。未知の車というのは、想像をかき立てられて楽しいものです。

レクサスも頭金ゼロで乗る時代。
もちろん新型アルファードだって頭金ゼロ。
あの人の車も、頭金ゼロかも【トヨタ公式】

新時代の車の楽しみ方へ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。