【トヨタ並行輸入セコイア】


 トヨタのセコイアです。販売エリアはアメリカとカナダ、いわゆる北米市場だけなので、画像のセコイアは並行輸入車だと思われます。もちろん、日本のトヨタHPにセコイアはラインナップされていません。ということで、今日も並行輸入車です。
 並行輸入車といってもカーセンサーやグーネットで見かけるものはほぼアメリカから輸入されています。アメリカで売られている車は並行輸入するメリットが大きく、需要も多いということなのでしょうか。そもそもアメリカ市場ではどのメーカーも他国市場よりお買い得な価格を提示しているので、価格面でのメリットは否定できません。また、おそらくは日本固有の左ハンドル好き文化も影響しているはずです。といっても、もしアメリカが右ハンドル文化だったなら、並行車の規模はもっと膨れあがってそうですが。そして、昨日今日と取り上げているように、日本にはない魅力的な車種の存在もあります。日本メーカーの海外ホームページを見ていると必ず何かしら発見があって面白いものです。三菱の場合は有名ですが、今でもイギリスで売られているランエボには、2リッター直四で440馬力というベンツのA45 AMGもびっくりのハイパフォーマンスモデルがラインナップされています。イギリスは右ハンドルですから、このランエボ(FQ-440 MR)なんて並行で入ってきていても不思議ではありません。
 話は戻ってセコイアですが、この手のフルサイズSUVはどれもデザインが似通っています。遠くで見ている人にも「巨体です」というメッセージが届くデザインです。他社も大体このようなデザインとなっていて、BMWがX7を出すかもと報じられたときもそのイメージ画像はセコイアのようにゴツゴツデザインがレンダリングされていました。当然アメリカ市場向けですが、このようなフルサイズSUVのデザインにはアメリカで受け入れられやすい黄金律のようなものが存在するのかもしれません。

Powered by

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top