【レクサスエンブレムのトヨタウィッシュ】

  1. トヨタ


 レクサスエンブレムのトヨタのウィッシュです。エンブレムチューン車ですが、レクサスエンブレムのアルファードやハイエースほど遭遇頻度は高くありません。真新しさすら感じます。ただ、このウィッシュから感じる新鮮さは遭遇頻度が低いからではなく、レクサスのラインナップにミニバンがないことを思い出させる所為かもしれません。そういえば、レクサスにはワゴンもありません。なぜレクサスにはミニバンやワゴンがないのでしょうか。高級車メーカーとして出すには何か難しさがあるのでしょうか。
 レクサスの全ラインナップの中で最もミニバンに近いモデルといえば、SUVのLXかGXになりそうです。それぞれベースはランドクルーザーで、LXについてはLX570が独自の道を歩んでいます。LX570は海外専用モデルですが国内でも見かけることは珍しくなく、どこかレンジローバーを思わせる佇まいなので、人気があるのも頷けます。SUVとミニバンを同列に扱うのも無理がありますが、ミニバンで高級車路線は決して不可能には思えません。一方、レクサスで最もワゴンに近いモデルといえば、ハッチバックのCTでしょうか。ワゴンについてはドイツ車を例に出すまでも無く、フェラーリもワゴンを出しているくらいなので、高級感との両立は可能です。
 ということで、レクサスにミニバンやワゴンがない理由は高級車云々ではなく、ただレクサスとしてのブランディングの問題なのでしょう。ワゴンすら出さないということは、レクサスなりのレクサス像というのがどこかにあって、ワゴンはそれに相応しくないという判断になっていそうです。もちろん、この先も未来永劫ミニバンもワゴンも出さないということはなく、ロードマップのどこかには含まれていそうです。特にミニバンとなると、高級車ブランドとしては実質Vクラスだけがライバルでしょうから、出すとすれば相当に気合いの入った形で出すはずです。いつになるかはわかりませんが、それがどういうものか見てみたい気分です。

車の買い替え前に、愛車の時価額を把握しないと値引きが台無しに!

愛車の時価額を把握せずに商談に入ると、相場より大幅に低い下取り価格に気づけず、損をすることも。数項目の入力&メールやり取りもOKな日本一の一括査定で、自分の愛車の最高額を知ろう!

→ 日本最大の一括査定サイトへ 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。