【フェラーリ488GTB】

  1. フェラーリ


 458のつもりで見ていたら488でした。ワールドプレミアから一年経つのでこの488のスペックを一度くらいは確認しているはずなのに、排気量が3.9リッターしかないことに今さら驚いています。そして過給の670馬力。とんでもなく速そうです。
 私の今の愛車は4.4リッターV8の550馬力程度ですが、四駆のトラクションのおかげで怖い思いをしたことはありません。二駆のMRで670馬力もあってさらに軽いこの488の場合、踏み込むときにはやはり緊張感が伴うのでしょうか。以前ディーラーでフェラーリFFを試乗したところ、「絶対踏み込んじゃ駄目ですよ、絶対駄目ですよ、危ないですからね、ほんと駄目ですよ」と非常に用心されていたことが思い出されます。その日はあいにくの雨模様だったので当然かもしれませんが、四駆でもそれくらいの慎重さが求められるので、MRともなるとそれ以上に警戒すべきなのでしょう。
 そして、YouTubeのロペライオチャンネルを見ていると、458スパイダーの試乗時に加速で少し滑って危うい場面がそのまま収録されていました。これがもし458ではなく488だったならどうだったのかなと想像してしまいます。458より100馬力近くアップした488はトラクションの制御技術も向上していることでしょう。488だったならそもそも滑らなかったのか、あるいは盛大にくるくる回ってしまうくらいのパワーを発揮してしまったのか、考え始めると興味が尽きません。

車の買い替え前に、愛車の時価を把握しないと値引きが台無しに!

愛車の現在価格も知らずに商談に入ると、相場より低い下取り価格に気づけず、値引きが台無しになることも。数項目の入力&メールやり取りもOKな日本一の一括査定で、自分の愛車の最高額を知ろう!

→ 日本最大の一括査定サイトへ 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。