【インフラドクター】【首都高速道路のドクターイエロー】

  1. トヨタ



 グーグルのストリートビュー車両とはまた違った趣を見せるカメラカー「インフラドクター」です。細街路を飛ばし気味に撮影を進めるグーグルカーとは違い、このエスティマは非常に丹念な走行を心がけているようでした。また、グーグルカーはポップな装いですが、こちらのインフラドクターは警告カラーに身を包んで「路面撮影中 車間距離の確保お願いします」「道路調査車両」「道路調査作業中」と周囲に知らせ、さらにリアホイール直結の何かが見える姿はいかにも働くクルマそのものです。

 見たところ何種類ものカメラを擁していますが、「Trimble」という文字列が気になり調べると、世界的な測量会社でした。トリンブル社の日本法人は株式会社ニコン・トリンブルとなっているので、ニコンの名前は見当たらないものの、この車両システムはニコン・トリンブルだったのかもしれません。

 このインフラドクターは補修が必要な箇所をAIで自動診断し、高速道路を結構な速度で巡行しているのにミリ単位の補修箇所まで探知してくれます。さしずめ公道上のドクターイエローといったところでしょうか。

レクサスも頭金ゼロで乗る時代。
もちろん新型アルファードだって頭金ゼロ。
あの人の車も、頭金ゼロかも【トヨタ公式】

新時代の車の楽しみ方へ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。