【セルシオ・ザ・ドレスアップカー】

  1. トヨタ


 トヨタのセルシオです。まるでバンパー代わりのような電飾シャンデリアです。リアだけでなくフロントやサイドまでもがこのシャンデリアだったので、しばらく目が離せませんでした。まずもって、この電球が全てちゃんと点灯するのかが気になります。もし全て問題なく点灯するのであれば、消費電力はいかほどなのでしょうか。
 JAFによると、一時間あたりの一般的な発電容量は、軽自動車・小型乗用車が40-60アンペア、中型乗用車も40-60アンペア、大型乗用車・ワンボックスが60-80アンペアとなっています。そして、一時間あたりの最大消費電力は、エアコンが17.3アンペア、リアデフォッガーが12.4アンペア、ヘッドライトが10.2アンペア、ブレーキランプが7.0アンペア、ワイパーが5.0アンペアとなっています。このセルシオの電飾数は、前後左右でざっと見積もっても軽く100個は超えてそうです。合計すると…!?
 さらに基本的な疑問ですが、このまま車検場に飛び込んで通るのかも気になります。ノーマルのセルシオと比べれば車体寸法は異なっているでしょうし、電飾の扱いがどうなるのかも知りたいところ。検査員が本気になれば絶対通らないようにも思えますが、仮に全て点灯するのであれば、夜にどういう風に輝いているのかも見てみたくなります。

車の買い替え前には、愛車の価値を把握しないと値引きも台無しに!

愛車の価値を把握せずに商談に入ると、相場より低い下取り価格に気づけず、値引きのはずが実は値引きになってないことも。数項目の入力&メールやり取りもOKな日本一の一括査定で愛車の最高額を知ろう!

→ 日本最大の一括査定サイトへ 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。