【フェラーリ458スペチアーレ】【イエロー】

  1. フェラーリ


 黄色いボディのフェラーリ458スペチアーレです。458イタリアF1 DCTスペチアーレと表記されていることもありますが、正式には458スペチアーレです。いずれにせよ、スクーデリアやストラダーレでお馴染みのストライプが特別なモデルであることを示しています。
 ノーマルの458イタリアから35馬力増えて605馬力となっているスペチアーレですが、ボアアップでもストロークアップでもましてやブロック交換でもないのにNAエンジンでこれだけ馬力アップできることが興味深いです。公式ホームページでは「燃焼、容積と機械効率の最適化を図り、その性能を最大限まで高めました」とありますが、逆に考えるとノーマルの458イタリアにはまだ非効率な部分があったということなのでしょうか。そういえば、初期のアルピナはたとえばC2-2.5の時代にはボアアップと圧縮比の引き上げでパワーとトルクを増大させていましたが、その後はBMWから与えられたエンジンを一度分解してそれをゴシゴシ掃除して(非常に簡約)また組み立て直してパワーアップを図っていました(実際パワーアップしていました)。フェラーリほどの少量生産モデルであっても、まだまだ手間暇かければ伸び代はあるということでしょうか。
 ちなみに私が乗っているNA車についてもパワーアップさせようかとチューナーを一通りチェックしたことがあります。そして、どのチューナーであってもNA車とターボ車とでは伸び代の違いが大きく驚いたものです。私のNA車はせいぜい20馬力しか伸び代がなかったのに対し、ターボ車となった二代目ともなると60馬力70馬力は当たり前の上乗せ幅でした。過給圧をちょちょいといじるだけといえばそれまでなのですが、それにしても凄いものです。ただ、ECUチューンを請け負っているところはただパワーアップさせるだけで、ミッションやトランスファーについては何もやっていない風だったのが気になりました。ミッションもトランスファーもトルクの許容値がありますので、それを超えてしまったらミッションはすぐに寿命を迎えて滑りまくって、トランスファーもギコギコ言い出してギア破損してとか、あるんじゃないかなと思います。ごく最近トランスファーを交換した私としては、本当に気になるポイントです。

車の買い替え前には、愛車の価値を把握しないと値引きも台無しに!

愛車の価値を把握せずに商談に入ると、相場より低い下取り価格に気づけず、値引きのはずが実は値引きになってないことも。数項目の入力&メールやり取りもOKな日本一の一括査定で愛車の最高額を知ろう!

→ 日本最大の一括査定サイトへ 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。