【有事のゲンバラ・ビターボ・カイエン】

  1. ポルシェ

 「ゲンバラ」。この四文字からは、まるで軍事用語のように何かを孕んだ響きを感じます。熱帯雨林での軍事作戦名にありそうだな、なんて想像力が一人歩きしてしまいます。

 ゲンバラの激昂しているかのようなフロントフェイスは、そのままでも般若、そしてそのうちさらに変身してしまいそうな迫力です。

 「カイエンで行きます」と「ゲンバラで行きます」。まるで印象が異なります。そんなキャラクターがまた、アッパレです。

レクサスも頭金ゼロで乗る時代。
もちろん新型アルファードだって頭金ゼロ。
あの人の車も、頭金ゼロかも【トヨタ公式】

新時代の車の楽しみ方へ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。