【ゴールデン・ミニクーパー】

 金ぴか仕様のミニ・クーパーです。ラッピング大流行のご時世なので、こちらのゴールドもラッピングだとは思います。

 白黒ボディやシルバーボディが目立たなくなる曇天模様だったので、このクーパーのみが文字通りの「異彩」を放っていました。シルバーや鏡面仕様の車とは何度かすれ違ったことがありますが、金色に輝く車との邂逅は初めてです。

 こうしていざ実物を見ると、「金銀」とセットで語られる両色の間には、かけ離れた価値観があるように思います。そして、なぜ各種競技でトップに贈られるメダルが、銅でもなく銀でもなく金となっているのかも、わかる気がします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top