【モーゼルM65RS】【メルセデスベンツ】

  1. メルセデス・ベンツ


 メルセデス・ベンツのチューナー「MOSEL(モーゼル)」のM65RSです。このM65RSは本サイトのほうで少し触れたことがありますが、その際には失礼ながら一部の物好きしか知らないマニアックなチューナーだと思っていました。ただ、その後BS日テレの「おぎやはぎの愛車遍歴」に登場していたので、ひょっとして車好きなら知っていて当然のチューナーだったのかもと内心驚いていた次第です。何と言っても、車好きの清原和博選手(もう選手ではないですが)が輝かしい愛車遍歴の末に選んでいる一台ですから、一部の物好きしか知らないチューナーのわけがありません。
 このM65RSはW221型S65AMGがベースになっていますが、最高出力が710馬力にまで高められている割には、決して奇をてらったりこれ見よがしな姿をしていません。むしろ、エアロなど遠目にはAMGかなと思うほど正統派然としています。おそらく、このようないわゆるアンダーステートメント加減もその魅力の一つなのでしょう。もし他のチューナーがS65AMGを700馬力オーバーにして世に出すなら、十中八九「ドヤッ!」になりそうです。もちろん、それはそれで他チューナーの魅力でもあるのですが。
 ちなみに、リアウィンドウ下部に”Gut Sport”というグートスポーツのステッカーが確認できるように、このモーゼルの日本総代理店はグートスポーツだと思います。「思います」としか書けないのは、モーゼルに関する情報が少なすぎるため、他にも国内正規ディーラーが存在するのか確認できないからです。確認できないのにこう書くのも何ですが、とりあえずグートスポーツに任せれば大丈夫ということなのでしょう。何しろ、グートスポーツはモーゼルのパートナーとして代理店以上の関わり方をしています。公式HPによるとロールスロイスのコンプリートカー製作のためにエンジンチューンにも関わっていますし、ファントムやゴースト向けに開発されたタッチパネル式HDDナビにもきっと関わっていることでしょう。当然、M65RSの「清原モデル」などはグートスポーツなしに誕生しなかったはずです。既にW222型SクラスのMOSELもデビューしているので、次はベンツ以外でどんなMOSELが姿を現すのかと、また楽しみでもあります。

レクサスも頭金ゼロで乗る時代。
もちろん新型アルファードだって頭金ゼロ。
あの人の車も、頭金ゼロかも【トヨタ公式】

新時代の車の楽しみ方へ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。