【トヨタヴィッツRSモデリスタ】【センターマフラー】

  1. トヨタ


 トヨタのヴィッツRSです。センターマフラーがよく似合っています。ヴィッツはよく売れている車なので日々そこかしこで遭遇するのですが、画像のようなセンターマフラー仕様車に遭遇することも珍しくないので気になっていました。いざ調べてみると、これは純正で設定されていたセンターマフラーでした。モデリスタを純正と呼んで良いのかわかりませんが、このリアスカートとスポーツマフラーはメーカーオプションとなっているので、やはり純正ということで。
 このようなセンターマフラーのヴィッツを見るたびに、やはりセンターぴったり二本出しというのはコンパクトカーにこそ相応しい出で立ちだと思います。以前どこかで書きましたが、G-PowerのX5Mのように車幅2メートルを越すような巨躯が小ぶりなセンター二本出しだと、マフラーの存在感がボディに負けてるように思えたりもします。しかも、700馬力オーバーのモンスターマシンなので、「も、もう一本!」とセンターなら三本出しくらいがちょうど良いのかなと。
 このヴィッツは車幅170cm未満で5ナンバーサイズですが、3ナンバーサイズになったミニのクーパーSでもセンター二本はバランスが取れています。デミオスポルトでも同じくセンターぴったり二本を見かけますが、やはりきびきびスポーティーな印象が一層強められて似合っています。これを出口から考えると、スポーティなコンパクトカーならおしなべてセンター二本出しが似合ってしまうのではないかとも。スズキのスイフトをセンターマフラーにすれば当然よく似合うでしょうし、三菱コルトだってVWポロだってアウディS1だって似合うはずです。そんなことをああだこうだと考えていると、二本出しでなくても良いので元祖センターマフラーはどのメーカーのどの車種なのかが知りたくなってきました。もっとも、ヒストリックカーの時代まで遡ってしまうとセンターマフラーにスポーティな意味など託されてなかったかもしれませんが、さてどこなのでしょうか。

車の買い替え前に、愛車の時価額を把握しないと値引きが台無しに!

愛車の時価額を把握せずに商談に入ると、相場より大幅に低い下取り価格に気づけず、損をすることも。数項目の入力&メールやり取りもOKな日本一の一括査定で、自分の愛車の最高額を知ろう!

→ 日本最大の一括査定サイトへ 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。