【Yナンバーの赤いマツダMPV】

  1. マツダ



 引き続きYナンバー車両で、こちらはマツダのMPVでYナンバーとなります。ボディカラーは「クラシックレッド」と呼ばれる赤色で、この二代目MPVのイメージカラーになっていた時期もあります。考えてみれば、赤いミニバンというのはなかなかにチャレンジングな存在ではないでしょうか。MPVに加え、ホンダのシャトルやステップワゴン、日産セレナにトヨタのノア、エスティマ等、赤色が設定されている or されていた車種はそれなりにありますが、やはり他の色に比べるとかなりの少数派です。
 そこを敢えて赤に行くというのは、一歩踏み出した感が伝わってきます。「思い切って高級車を買ってみた」と「思い切って赤色にしてみた」とでは、思い切りの次元が異なっていそうです。赤色を選ぶ思い切りにはより、楽しいカーライフを満喫したいという意識が感じられます。スポーツカーでもないですし、ミニバンで赤色となるとご近所でかぶることもまずないことでしょう。もし普段よく知っている人が赤いミニバンを買ったなら、きっとその人に対する印象も変わることでしょう。こうやってまた、先ほどのYナンバー記事と同様に、「赤いミニバン」という看板に対して勝手な印象を抱いてしまっている次第です。

レクサスも頭金ゼロで乗る時代。
もちろん新型アルファードだって頭金ゼロ。
あの人の車も、頭金ゼロかも【トヨタ公式】

新時代の車の楽しみ方へ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。