【マットブラック928GTS】【オーバーフェンダーポルシェ】

  1. ポルシェ


 マットブラックのポルシェ928GTSです。これが928だとはすぐにわかりませんでした。まずもって、ノーマルの928GTSでは見られないロー&ワイドのワイド感です。オーバーフェンダーのおかげで、まるで別の車であるかのように仕立て上げられています。ロングストレッチバージョンならぬワイドストレッチバージョンでしょうか。そして、おそらくはラッピングと思われるマットブラック外装も、追い打ちのアクセントになっています。さらに、最もポルシェであることを想起させなかった要素が、その「音」でした。
 この黒い塊とともに響いてきたのは、まるっきりシェルビーコブラのサウンドでした。おおよそ私が知っているポルシェの音ではありません。熱海ヒストリカG.P.で疾走したコブラの「ドッドッドッドッ」という地響きさながらの音を響かせており、アメ車の音ではなく、コブラの音、そう言ったほうが伝わりやすいかと思います。私は普段からマフラーが何本だの四の五の書いているのですが、この928GTSにはマフラーが見当たりませんでした。音とマフラーなんてほとんど関係ないのではなかろうかと自己否定したくなるような、野太く濃い音です。さらに、ホイールのリムは赤色だったので、足元に見事な差し色といった体でしょうか。見事な一台です。
 ところで、このポルシェ928は高級GTカーとして開発されたらしく、ポルシェには珍しいV8エンジン搭載のFR駆動となっています。V8エンジン搭載モデルはこの後カイエンに引き継がれましたが、この928は911に比べればまだ4人乗れそうでもありますので、V8FRの4人乗りということで、パナメーラの遠いご先祖様とも言えるかもしれません。ポルシェがこの先FFレイアウトを採用することはまずないとは思いますが、FRの拡充はあり得るのかなとも思っています。マカンのFRバージョンです。そうやってFRが増えていくと、またこの928が見直される機会が増えるのでしょう。街で見る機会が少ない928ですが、色んなポルシェのご先祖様と考えると、また眺め甲斐が増す一台です。

車の買い替え前に、愛車の時価額を把握しないと値引きが台無しに!

愛車の時価額を把握せずに商談に入ると、相場より大幅に低い下取り価格に気づけず、損をすることも。数項目の入力&メールやり取りもOKな日本一の一括査定で、自分の愛車の最高額を知ろう!

→ 日本最大の一括査定サイトへ 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。