【テスラ・モデルS・P85+】

  1. テスラ


 テスラのモデルS P85+です。テスラのモデルSには電池容量ごとに3つのグレードがあり、これが最長の走行距離を誇る85kWhの300マイルバージョンです。1マイルは約1.6kmで300マイルは約482km。環境省のJCAP調べでは、日本で車を利用する人々の9割が一回の外出で60km以下の走行距離にとどまっています。一回の充電で482kmも移動できるというのは、十分以上の実用性です。
 私が運転したことがある電気自動車は、以前記事にしたBMWのActiveEのみですが、その新幹線のような不思議な加速感が印象深く残っています。スペック上はこちらのモデルS P85+のほうが鋭い加速をするようなので、どのような加速感になるのでしょうか。何か前方のブラックホールに吸い込まれていくかのような感じなのでしょうか。想像ができないだけに、一回くらいハンドルを握ってみたいものです。
 テスラがロードスターを市販する直前のTVインタビューで、日本製ノートパソコンのバッテリーを流用していると語っていて驚きました。「え、それだけ?」と。バッテリーはパナソニック製だったようですが、電池の配列にテスラ独自の技術がある風にも話していました。どこにどんな付加価値が潜んでいるかわからないものだなと、面白く感じたものです。

レクサスも頭金ゼロで乗る時代。
もちろん新型アルファードだって頭金ゼロ。
あの人の車も、頭金ゼロかも【トヨタ公式】

新時代の車の楽しみ方へ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。