【ナイス後ろ姿のマツダ・アテンザワゴン】

  1. マツダ


 マツダのアテンザワゴンです。同じ車種にセダンモデルとワゴンモデルが設定されている場合、セダンは格好良いのにワゴンになるとバランスに違和感を覚えることがあります。アテンザワゴンはそのような心配とは無縁で、まるでセダンよりワゴンを前提に設計されたかのようにすら感じました。
 といっても、先代のアテンザスポーツワゴンも違和感はなかったので、現行から突然よくなったということでもありません。よくよく比べてみると、基本的なスタイリングは踏襲されています。現行での気になった変化はCピラーでしょうか。デザイン上の折り返し、BMWで言うならホフマイスターキンクが施されたので、見ていてさらに落ち着くワゴン姿です。
 ちなみにこの画像のボディカラーはブルーリフレックスマイカ。コンセプトカーのSHINARIに最も近いボディカラーだそうです。靭のボディカラーを正式に何と呼ぶのかわかりませんが、マツダの方は「シナリブルー」と呼んでいました。

レクサスも頭金ゼロで乗る時代。
もちろん新型アルファードだって頭金ゼロ。
あの人の車も、頭金ゼロかも【トヨタ公式】

新時代の車の楽しみ方へ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。